第33節すみだ戦(0-2)

*公式記録はこちら




年明けから僅差のゲームをものに出来ないエスポラーダ。うちの選手紹介は聞こえない位の音量でさくっと済まされてしまうアウェーの洗礼にも負けず、最終戦勝利を目指します!

C43DrgBUYAAd1Kj.jpg

最近の試合とは異なり、開始から北海道はやや慎重な立ち上がり。と言えば聞こえはいいが、なかなかギアを上げられない感じ。特に前半はチーム全体的に身体が重そうな感じだった。すみだも同じくらいのゆっくりな入り方だったが、こちらは北海道とは異なり切り換えるべきポイントでは一瞬でスピードアップしてくる。
そして、今季限りでの引退を発表している太見のポストプレーから稲葉がシュートを放つと、ゴール前でフリーになった太見が踵でコースを変えて先制点。一連の流れは実に鮮やかで、敵ながら素晴らしいゴールだった。
北海道も堀米の個人技や、セットプレーから水上&裕太郎のコンビネーションで惜しいチャンスを作り出すが、後一歩でゴールを奪う事が出来ない。他に自ら相手を崩せた場面は数少なく、チャンスは主にボールの奪い合いから偶発的にカウンターが起こった時くらい。堀米は前節浜松戦に続き、シュートをバーに当ててしまう。
2点目もすみだ。GKからのロングボールに、神に体をぶつけてフリーで抜け出した太見が、田村にアシスト。神は腕を使って妨害された事を審判に強く主張するが、ノーファウルの判定は覆らない。
北海道は左サイドを堀米が突破してゴール前の室田にセンタリングを送るも、フリーで合わせたシュートは惜しくも枠を外れた。
そして前半残り2分、相手が再三身体をぶつけてくるのにファウルを取ってくれない事に対して神が切れて審判に猛抗議。それでようやく北海道も目が覚めたか、猛攻を見せる。が、残り1秒での裕太郎の決定機も相手GKにセーブされてしまう。





後半はスイッチが入った北海道が攻め、リードしているすみだはカウンター狙いにシフトしていく。本田の変態ドリブルからゴールに迫る場面もあったが、ゴール前を固めるすみだに後一歩が届かない。
そうすると、29分に疑惑のシーン。すみだのカウンターでゴール前に抜け出しかけた相手に対し、宮原がスライディングで間一髪クリア!に見えたのだが、なんとファウルを取られてレッドカードを出されてしまう。それでもその後2分間の数的不利を凌ぎきり、逆にすみだにファウルが溜まり第2PKをゲット。も、酒井のシュートはまたもGKがセーブ。どうしても1点が遠い。
終了間際には酒井?が決定的なシュートを放つも、またもクロスバー(ポスト?)に阻まれて試合終了。前半からスコアは動かず、最終戦を勝利で終える事は出来なかった。1点は取って盛り上がりたかったけど、仕方なし。


MVPは相手だけど太見にあげましょう。全く衰えていない(イラっとくるほどの)フィジカルの強さと身体の使い方に加え、試合を決める決定力もさすがの一言。更には攻め上がった後カウンターを食らわないようにわざと?ゴールに飛び込んで位置をずらすセコ技老獪なテクニックも披露(さすがに審判に注意されていたけどw)。

後、さすがにこの日の第二審判には苦言を呈したい。宮原へのレッドが妥当だったのか(ファウルなら退場は致し方ないが、そもそもファウルだったのか?)どうかに加え、警告を出してもよさそうなすみだのファウルを2回ともカードなしで済ませるなど、北海道目線では納得のいかない判定が多かった。
また、後半にすみだのファウルが溜まって第2PKをもらえたのも、前半の抗議が影響したのでは?と勘ぐってしまう。
チーム数が増えてから審判の人材不足が言われるようになっているが、数年経ってもあまり解決の兆しが見えずに判定にフラストレーションを溜める試合が多いのは残念なことです。とはいえ、今季に関しては(この試合も含めて)試合の結果を左右するほどの重大なエラーは見かけなかったという事も付記しておきたい。(一度、誰かにレッドカードが出されたけど後でイエローに訂正になって選手が呼び戻された、って場面を見た記憶があるけど、何時だったっけ?→(追記)この試合でした)


エスポラーダの今シーズン総括(まだ全日本が残ってるけど、とりあえずリーグ戦について)はまた後日にでも。












この記事へのコメント